生活に欠かせない水回りの設備

水回りはできるだけ一箇所に

水回りは非常に重要な要素です。暮らしの快適さに直結するため、慎重に考えなければなりません。まず水回りの工事に関するコストを抑えたいなら、水回りはできるだけ一箇所に集中させるのが基本になります。家のあちこちに水回りが散らばっていると、配管工事が複雑になりコストがかかるようになるからです。家を建てた後のメンテナンスを考える上でも、水回りが一箇所にまとまっているとメリットが大きいです。定期的なメンテナンスが楽になるのはもちろんのこと、不具合が起こったときでも配管が近い位置にまとまっていれば調査が簡単で、部品の調達も楽にできる可能性が高まります。もちろん、利便性が高まるというメリットもあるので、水回りの間取りを考えるときの足がかりにしましょう。

二階に水回りを設置する?

注文住宅では、水回りの位置を自由に決めることができます。近年リビングを広く取りたいなどの理由から、一階ではなく二階に水回りの設置を希望する人がいます。二階に水回りを設置するメリットとして、洗濯に関する動線が楽になるというものがあります。二階に洗濯機を置くことができれば、階段を上り下りすることなくベランダに洗濯物が干せます。また、二階は自然光が一階より入りやすいため、風呂場のカビが発生しにくくなり、洗面所や風呂場も自然の明るさで使用できます。ただトイレや風呂場が二階にあると、年を取ってからの移動が負担になる可能性が高いです。階段の上り下りを避けるため一階に下りることがなくなり、結果家に閉じこもりがちになってしまう、ということも考えられます。