注文住宅で取り入れられることが多い省エネ設備

省エネ設備が人気の理由

注文住宅では省エネ設備を導入しようと考えるケースが多くなっています。省エネ設備が人気なのはなぜなのでしょうか。省エネ性能が高い設備を導入すると建築コストは高くなるのが一般的です。設備を一つ導入するのに数百万円かかることもよくあります。しかし、長期的に見ると省エネ設備を導入した方がお得だと考えられるので、多くの人が省エネ設備を検討しています。ガス代や電気代などの光熱費を削減できれば節約になるのは明らかでしょう。毎月1万円の節約ができたら年間で12万円、10年で120万円もの節約になります。このように長期的な視野で費用を考えると省エネ設備はコストパフォーマンスが良いので導入したいという声がよく上がっています。

注文住宅でよく選ばれている省エネ設備の例

省エネ設備を導入したときに元を取れるかどうかはケースバイケースです。元を取りたいという気持ちで選ぶ人もいますが、快適になって費用負担もトータルで見れば少ないのが良いという考え方で決める人もいます。注文住宅の省エネ設備としてよく選ばれているのが太陽光発電システムです。太陽光発電で生み出した電力は自家用にもできますが、売電して電気代を補填することもできます。蓄電池を組み合わせたり、夜間電力を有効活用できるエコキュートを併用したりしているケースも多くなりました。省エネ性能が高い設備は新しい製品が多いため、このような節電の視点で省エネ設備を組み合わせると、節約をしながら快適な生活を送ることができます。